野村歯科クリニック森の台|緑区中山駅近くの歯科医院|インプラントや矯正治療等

緑区中山駅近くの歯科医院|一般・小児、インプラント、歯周病治療等

採用情報 アクセスマップ スタッフ紹介 ドクターのご紹介 診療のご案内当院のコンセプト 当院のコンセプト

こんな症状にお困りではありませんか?

歯がしみる・違和感がある
歯が欠けた・被せ物がとれた
歯ぐきから血が出る
銀歯が気になる
入れ歯でもしっかり噛みたい
歯並びをキレイにしたい

子供の歯が心配
いつまでも自分の歯で噛みたい
妊娠中の歯科治療
トップページへ戻る
スタッフ紹介
野村歯科ブログ
のむら歯科医院
矯正歯科 目立たない矯正

目立たない矯正治療法の比較

※ 料金は矯正治療費の総額(定額制・税込)です。


 表側矯正
630,000円
目立ちにくさ ○ 矯正期間 ◎
様々な症例への適応 ◎
当院では透明な目立たない装置を標準で使用しております。
 ハーフリンガル
840,000円
目立ちにくさ ◎ 矯正期間 ○
様々な症例への適応 ○
上あごの歯には裏側矯正装置、下あごの歯には表側矯正装置を装着します。
 裏側矯正 (舌側矯正)
945,000円
目立ちにくさ ◎ 矯正期間 △
様々な症例への適応 ○
上下とも歯の裏側に矯正装置を装着します。
 インビザライン
945,000円
目立ちにくさ ◎ 矯正期間 ○
様々な症例への適応 △
透明なマウスピース型の矯正装置です。

表側の目立たない矯正

クリスタブレース × ゴールド系ワイヤー

当院では、白く目立たないブラケット(デンツプライサンキン・クリスタブレース)にゴールドワイヤー(デンツプライサンキン・SUSワイヤーゴールド)を採用しております。ゴールド色のワイヤーは、お口の中を明るく見せることができ、また歯になじむ色の組み合わせとされています。

どの症例にも適応できる、比較的低価格で、目立たない装置です。生体にとって優しい力で歯を動かす特性も持ち合わせます。


 メリット
従来のメタルブラケットと比べて目立たない。
表側の装置は、発音に影響しない。
すべての症例に適応できる。
装置料が比較的低価格。
 デメリット
特になし。

ハーフリンガル

裏側矯正と表側矯正のメリットを複合

一般的に目立つ上の歯は裏側に矯正装置を付け、目立たない下の歯は表側に矯正装置を付けます。ほとんどの場合、下の歯は唇に隠れていて、口を意識的に大きく開けない限り歯は目立ちません。

下の歯は表側矯正なので、装置が舌の邪魔をしないため、裏側矯正特有の違和感やしゃべりにくさが軽減されます。また、上下ともに裏側矯正(フルリンガル)をするよりも、矯正費用を安く抑えることができます。


 メリット
上の歯の装置は全く見えず、下の歯の装置も目立ちにくい。
(フルリンガルと比べて)舌が感じる違和感が少ない。
(フルリンガルと比べて)矯正費用が安く抑えられる。
(フルリンガルと比べて)矯正期間が短くなる可能性が大きい。
 デメリット

(表側矯正と比べて)装置を装着して間もなくは、発音がしにくいことがある。

(フルリンガルと比べて)下の歯は装置の厚みによる口元の突出が若干ある。
発音がうまくいかない場合や、かつ舌が悪くなる場合がある。
食べ物などの汚れがたまりやすい。

裏側矯正

周りに気づかれない「見えない矯正」

歯の裏側に矯正装置を装着するので、矯正中も口元の印象がまったく変わりません。特に人前に出るご職業や活動などをされている方にとっては、メリットのある矯正治療法です。また、多くの方は1~2週間程度で慣れてきますが、「違和感がある」「しゃべりづらい」といったことがあります。詳しくはご相談ください。


 メリット
装置は全く見えない。
 デメリット
装置を装着して間もなくは、発音がしにくいことがある。
(装置が見えないので)歯磨きが難しくなる。
治療期間が長くなる可能性がある。
食べ物などの汚れがたまりやすい。

インビザライン(マウスピース矯正)

取り外し可能なマウスピース型の矯正装置

インビザラインは、米国のアラインテクノロジー社が開発した薄い透明な着脱式のマウスピース型矯正装置です。世界で100万人以上に使用されています。コンピューター上の3Dシミュレーションソフトで、治療完了に至るまでのマウスピース(アライナー)の必要個数、形状を決定し、治療開始前にすべてのアライナーを作製します。治療計画通りに歯を動かすには、毎日20時間以上(種類により異なる)の装着が必要ですが、食事や歯磨きのときなど、短時間の取り外しは可能です。


 メリット
透明で目立たず、気づかれにくい。
装着時の不快感が少なく、発音を妨げない。
取り外し可能で、普段通りに食事や歯磨きが可能。
 デメリット

適応できるケースが限られる。

自分で取り外しが可能なため、患者さん自身が装着時間を守らないと治療が進まない。


矯正歯科トップページに戻る