野村歯科クリニック森の台|緑区中山駅近くの歯科医院|インプラントや矯正治療等

緑区中山駅近くの歯科医院|一般・小児、インプラント、歯周病治療等

採用情報 アクセスマップ スタッフ紹介 ドクターのご紹介 診療のご案内当院のコンセプト 当院のコンセプト

こんな症状にお困りではありませんか?

歯がしみる・違和感がある
歯が欠けた・被せ物がとれた
歯ぐきから血が出る
銀歯が気になる
入れ歯でもしっかり噛みたい
歯並びをキレイにしたい

子供の歯が心配
いつまでも自分の歯で噛みたい
妊娠中の歯科治療
トップページへ戻る
スタッフ紹介
野村歯科ブログ
のむら歯科医院

クラウンとは、虫歯の治療などで歯を削った後に被せる人工の歯のことで、一般的には「差し歯」や「被せ物」といった呼ばれ方をしています。比較的大きな虫歯を治療した後や、歯の根の治療をした後は、このクラウンによる治療となることが一般的ですが、ケースによってはクラウンではなくインレー、詰め物による治療となる場合もあります。
冠全体が金属で出来ている、いわゆる「銀歯」です。
保険でクラウン(差し歯)を作る場合には、基本的に前から4番目以降の歯はすべてこの金属冠(銀歯)になります。保険適用なので安価で、金属なので強度が強く、強い力がかかる部位にでも使用できます。
保険で適用できる前歯用のクラウンです。
いわゆる保険適用の前歯です。保険適用なので安価で周囲の歯や噛み合わせの歯を傷つけにくいです。裏側から金属が見えてしまい透明感・艶が少なく変色で黄ばんでしまう場合があります。

硬質レジン(固いプラスティック)にセラミックファイバーを混合した治療法です。

ハイブリットクラウンとは、保険治療で前歯クラウンに認められてきた硬質レジン(固いプラスティック)にセラミックファイバーを混合した治療法です。硬質レジン(固いプラスティック)にセラミックファイバーを混合させることで、硬質レジンの耐磨耗性を増強させ、固さを人間の自然はレベルに近づける事ができます。ただし、保険適用の硬質レジン前装冠に比べると変色しにくいですが、継時的に変色を起こす可能性があり、固さも固いが割れやすい面もあります。
 

1回目
再診料(400円)+コア形成料3150円=3550円(税込)
2回目(Pdコアの場合)
再診料(400円)+Pd(5250円)コアセットPz= 5650円(税込)
2回目(ファイバーコアの場合)
再診料(400円)+ファイバーコア(10500円)コアセットPz=10900円(税込)
3回目
再診料(400円)+完成料42000円=42400円(税込)
Pdコアの合計
51600円(税込)
ファイバーの合計
56850円(税込)

中身は金属で、外から見える部分にのみセラミック(陶器)を貼り付けたものです。

見た目が良く変色せず、強度も強いので非常によく使用されます。さらに、中の金属に貴金属を使用すれば金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性を低くすることも出来ます。裏側からは金属が見えます。



1回目
再診料(400円)+コア形成料3150円=3550円(税込)
2回目(Pdコアの場合)
再診料(400円)+Pd(5250円)コアセットPz= 5650円(税込)
2回目(ファイバーコアの場合)
再診料(400円)+ファイバーコア(10500円)コアセットPz=10900円(税込)
3回目
再診料(400円)+完成料63000円=63400円(税込)
Pdコアの合計
72600円(税込)
ファイバーの合計
77850円(税込)

全体がセラミック(焼き物)のクラウンです。

非常に見た目が良く、ほとんど変色しません。また。汚れ(プラーク)が付きにくく、金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低いのが特徴です。



1回目
再診料(400円)+コア形成料3150円=3550円(税込)
2回目(Pdコアの場合)
再診料(400円)+Pd(5250円)コアセットPz= 5650円(税込)
2回目(ファイバーコアの場合)
再診料(400円)+ファイバーコア(10500円)コアセットPz=10900円(税込)
3回目
再診料(400円)+完成料94500円=94900円(税込)
Pdコアの合計
104100円(税込)
ファイバーの合計
109350円(税込)

メタルボンドの内面の金属の代わりにジルコニアを使用したものです。

模造ダイアモンド素材を内面に入れ、金属を一切使用しないため、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配が無く、強度も非常に強く最新の治療で、奥歯やブリッジに使用することも可能です。また、土台の金属(コア)の色が透けるのを防ぐ「マスキング効果」が優れているため、ケースによってはオールセラミックよりも審美的に仕上げることができます。一方で歯を削る量が比較的多いという面もあります。


1回目
再診料(400円)+コア形成料3150円=3550円(税込)
2回目(Pdコアの場合)
再診料(400円)+Pd(5250円)コアセットPz= 5650円(税込)
2回目(ファイバーコアの場合)
再診料(400円)+ファイバーコア(10500円)コアセットPz=10900円(税込)
3回目
再診料(400円)+完成料126000円=126400円(税込)
Pdコアの合計
135600円(税込)
ファイバーの合計
140850円(税込)

金合金等の貴金属を使用したクラウン(被せ物)です。

ゴールドクラウンは適合が良く金属もほとんど錆びることはありません。金属なので強度が強く、ほとんどの部位に使用できます。金属の溶け出しによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低くいクラウンです。一方で金属なので見た目が悪いという面があります。


 
1回目
再診料(400円)+コア形成料3150円=3550円(税込)
2回目(Pdコアの場合)
再診料(400円)+Pd(5250円)コアセットPz= 5650円(税込)
2回目(ファイバーコアの場合)
再診料(400円)+ファイバーコア(10500円)コアセットPz=10900円(税込)
3回目
再診料(400円)+完成料63000円=63400円(税込)
Pdコアの合計
72600円(税込)
ファイバーの合計
77850円(税込)

白金加金の貴金属を使用したクラウン(被せ物)です。

PGAクラウンは金合金にプラチナを加えたもので、色が銀色に近くなります。 適合が良く金属もほとんど錆びることはありません。金属なので強度が強く、ほとんどの部位に使用できます。金属の溶け出しによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低くいクラウンです。一方で金属なので見た目が悪いという面があります。


1回目
再診料(400円)+コア形成料3150円=3550円(税込)
2回目(Pdコアの場合)
再診料(400円)+Pd(5250円)コアセットPz= 5650円(税込)
2回目(ファイバーコアの場合)
再診料(400円)+ファイバーコア(10500円)コアセットPz=10900円(税込)
3回目
再診料(400円)+完成料63000円=63400円(税込)
Pdコアの合計
72600円(税込)
ファイバーの合計
77850円(税込)

虫歯で歯を削ったり、何らかの理由で歯が欠損し、そのままではクラウン(被せ物・差し歯)を被せられない場合には、人工の土台(コア)で欠損した部分を補う必要があります。どんなに質の良いクラウンをかぶせたとしても、土台(コア)が悪ければ全く意味がありません。逆に、コアがしっかりしていれば、後からクラウンを変えることは可能です。

保険治療の場合には、ほとんどがこの「メタルコア」になります。
保険のメタルコアには、一般的に銀合金が使用されています。ほとんどの症例で使用が可能であり、 保険適応なので安価です。
銀を主成分とし、金、銅、亜鉛、パラジウム、インジウム、イリジウムなどを含有しています。
 
コアの中にファイバーの支柱・芯を入れたものです。
ファイバーコア(ファイバーポスト&レジンコア)とは、FRC(ガラス繊維強化樹脂)という支柱(ポスト)を入れることによって、レジンコアの強度を改善する目的で開発された土台(コア)です。しなる性質があるので、歯が割れる可能性が低く、色合いが白いため審美性が高いコアです。ただし歯の状態によっては、使用できないことがあります。